在宅訪問

薬剤師による在宅訪問の案内

薬剤師による在宅訪問の案内

薬剤師が在宅介護に参加することで、ご家族やチームの多職種の方々のお薬に関する負担を減らし、患者さんのQOLや治療効果を高めることが可能になります。
我々薬剤師はお薬のことは、なんでもまかせていただきたいという思いを込めて、私たちにできることを紹介し、薬のことであればなんでも相談して頂きたいと思っています。

薬剤師による在宅訪問の案内

たとえば
・薬がたくさん余ってきている。薬の管理が出来ていない。
・薬を飲み忘れたり、間違って服用しているみたいだが、良い方法はないか。
・薬の副作用が出てきているようだが、判断が難しい。
・薬を嫌がって服用しない。服用させるのに時間がかかる。
・錠剤・カプセル剤あるいは粉薬が飲めないなど
このようなときは、かかりつけ薬局、薬剤師会にご連絡ください。

在宅における薬剤管理の流れ

通院困難な患者様のご自宅や一部の居住系施設へ訪問いたします。

①患者さんに対する訪問指導が決定した時点で、薬剤師は患者さんに関する病状や訪問指導の内容の指示など医師からの情報を受け取ります。

②医師からの情報提供書・訪問依頼書をもとに、医師との連絡・相談をおこないながら、訪問回数など患者訪問計画を立てます。

③処方箋の備考欄の「訪問」の指示がある場合に、薬剤師は調剤をおこなった後、患者さん宅を訪問します。

④医師からの情報に加えて、ケアマネージャー、ヘルパーなどの多職種の方、あるいは直接患者さんやご家族と話して状況を把握し、管理指導にあたります。

⑤薬剤師は、訪問後「訪問薬剤管理指導報告書」を作成して医師およびケアマネージャーに情報提供します。この報告書には、訪問した薬剤師の指名、実施した薬学的管理と指導の要点、服薬状況等を記載します。

※要介護認定を受けている患者さんは初回訪問時に契約書が必要になります。また、定期的に介護保険被保険者証を確認します。

Q&A

Q.すでに限度枠いっぱいです。薬剤師の訪問により「居宅療養管理指導」を使うと限度枠を超えてしまい10割負担になります・・・。

A.居宅療養管理指導費は限度除外サービスです。限度枠を超えても、1割負担です。

Q.介護認定を受けていない方への訪問も可能なのですか?
例)10歳未満、小児など

A.可能です。
医療保険にも同様の制度があり、全ての患者さんを対象としています。